10月1日、衣替えですね。
今日から半袖から長袖ブラウスに・・・など
オフィスが秋の装いに変わった所もあるのでは
ないでしょうか  
 
もともと衣替えの習慣は、宮中の行事として始まったそうです。
しかし当時は、今と違って旧暦の4月1日と10月1日に行われていました。 
もっと複雑になったのは、江戸時代の武家社会からで、
 
4月1日〜5月4日まで、袷「あわせ」(裏地付きの着物)、
5月5日〜8月末日まで、帷子「かたびら」(裏地なしの単仕立ての着物)、
9月1日〜9月8日まで、袷「あわせ」(裏地付きの着物)、
9月9日〜3月末日まで、綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)
 
の着用が定められていたそうです。
ということは、年4回も衣替えがあったということですね

ちなみに、今、行われているような衣替えが6月1日と10月1日に
なったのは明治以降だそうです。

 

これからユニフォーム・事務服をご検討の方、
イストでは、最新秋冬のユニフォームカタログをご用意しております。

ブラウスをご検討の方はこちらの絞込み検索をぜひご利用ください。
お気に入りの商品が見つかります!

ブラウス百花表紙

カタログは無料ですので、是非ご請求下さいね

HOME
 デジタルカタログ カタログ請求 お問合せ